浪人失格

恥の多い生涯を送ってきました。徒然なるままに日々の考えを記録していきたいと思います。

麻雀の勉強法(初心者中級者向け)

 

0麻雀やってて良かったこと
1ルールを覚える
2役と点数、マナーを覚える
3押し引きを覚える
4牌効率を覚える
5鳴きを覚える
6ルールに応じた打ち方を考える
7検討する
8メンタル
9オススメの本

 


「教養程度に麻雀を学びたい」という声を聞いたので独り言程度かつ自分の復習のためにまとめて行こうかなと思います。

f:id:kusomaguroman:20200116135524j:image
「麻雀覚えたい」…そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間はその言葉を頭の中に思い浮かべた時には!
実際に打っちまってもうすでに終わってるからだッ!だから使った事がねぇーッ

 


麻雀を学びたい、と一言でいっても、いろんな段階があると思いますし、それより難しいのは


「麻雀打てる?」


の「打てる」のレベルがどのレベルを指しているのかがよくわからないし、なんなら僕もまだ全然打ててないなぁ、「なんもわからん」って感じ。


僕が雀荘で働き始めた頃は、とりあえずそれまで友達と打ってただけの自学自習でして、その時店長に「こめちゃんって麻雀の勉強してる?」って言われて現代麻雀技術論というサイトの存在を知りました。スジとかカベとか点数とかはどこからともなく自然と身についていましたが、僕がきちんと勉強しはじめたのはその頃でした。

f:id:kusomaguroman:20200116141929j:image
そして、普段フリーとかに行かずに、友達とセットばかり打っている人は尚更勉強した方がいいと思います。
みんな初心者からはじめてやってるうちにだんだん上手くなっていくもんなんですけど、「他人よりちょっと上手い」状態にしておくのと、「他人よりちょっと下手」状態にしておくのとではかなり収支が違います。


さて、単に、勝ち負けとか気にせずただ単純に座って打つだけなら、本気で30分勉強すればいけると思います。


といっても、30分勉強するのもダルいという方のために、最初に、オススメする理由を書いておきます。


ーーーーーーーー
0、麻雀やってて良かったこと


・思った以上に競技人口が多い。
学校や塾の先生とやることも出来るし、父や祖父とも打つことができます。


・友達が増える。
新しくAさんという人に出会って、いきなり仲良くしようと思ってもなかなか難しいですが、麻雀のすごいところは、そんな人とも「打ちますか」の一言で知り合える点です。
僕も浪人していたころ、駿台で友達を何人か作りましたが、駿台じゃなくて雀荘で初めて会った友達が何人もいて、そして今でも関係が続いていますし、今年の夏に麻雀の東医体なるものを開いてから、他校の上級生の方から誘って頂くこともありました。
ただ、傾向としてだいたい素行が悪い友達か学年が年齢に対して低めの友達が出来ます。


・生涯楽しめるスポーツ
体が悪くなっても楽しめます。打ちすぎで右手が上がらなくならなければ。

 


逆に、麻雀をやってて悪かったことと言うととにかく時間が溶けることです。

 


じゃあ早速覚えていきましょう。ある程度わかってる人は飛ばしてください。


ーーーーーーーー
1、ルールを覚える


この段階でしたら、とりあえず麻雀豆腐というサイトをオススメします。


https://majandofu.com/mahjong-how-to-play

 

ババ抜きのやり方を知らない人といっても、トランプの存在自体を知らない人に教えるのは難しく、カードの概念がない人に教えるのはさらに難しいですよね。


麻雀って名前だけ知ってる
石ころを使うのは知ってる
4人(or3人)で四角い卓を囲むのを知ってる
……


そういう段階の人でしたら、まずは友達に雀荘に連れて行ってもらうか動画を見るのが楽かなと思います。詳しいことはさておいて、対局風景を1度眺めてみましょう。

f:id:kusomaguroman:20200116135613j:image
YouTubeでテキトーに検索すればでてきますし、AbemaTVだったりアニメでもいいです。ただ、くれぐれも雀鬼流から入らないようにしましょう(周りから殺されます)

 


手が13枚くらいあって、順番に出し入れしていくこと。たまにポンとかチーとか奇声を発する人がいることを察したら


基本的に同じやつ3枚か並んでるやつ3枚を4セットと、同じやつ2枚の1セットを作ればいいんだなぁということを学びましょう。


これ知ったらもうネット麻雀とかをダウンロードして、コンピュータ相手に打ってみることをオススメします。


好きになってきて、ポンとかチーとかやってるうちに、揃ってるのに上がれないぞ!となることがあるかもしれません。それは役がないからです。
それでは、役と点数を実戦的に覚えていきましょう。

ーーーーーーーー
2、役と点数、マナーを覚える


これも麻雀豆腐というサイトがとてもわかりやすいです。


初心者は無駄に役満ばっかり覚えますが、とりあえず


リーチ、ツモ、タンヤオピンフ


あたりから勉強して(ピンフは実は頭の制限があったりしてムズいです)


七対子、トイトイ、3色、イッツー、チャンタ、その他


と学んでいきましょう。


ただ、ここまできて点数計算のハードルがものすごく高い。他のゲームと比べて異様に難しいです。


https://majandofu.com/rule-score-pointstable

f:id:kusomaguroman:20200116135636p:image

ここまでやればもう麻雀をうつことはある程度は出来ますし、ぶっちゃけ点数計算できなくても4人のうち誰かができれば大丈夫です。


ただ、自分でやらないと永久に覚えないですし、点数計算をきちんとできないと、逆転条件などが見分けられないので、早めの習得をオススメします。


さて、次はマナーなんですが、とりあえず


・セット(仲間内4人)ならいいですがフリー(3人知らんお客さん)ならできるだけ早く切り、長考するときは「すいません」と一声入れましょう。
・強打、引きヅモはやめましょう
・口笛や三味線(当たりはい〇〇とか言うやつ)やめましょう
・山を前に出しましょう


他に細かいマナーはいくらでもあります


ポンチー時の打牌の順番や、リンシャン牌下ろす、伏せ牌しないとか


https://majandofu.com/manners


とりあえず、友達を誘ってたくさん打ってるうちに、ある程度は染み付いてきます!


ーーーーーーーー
3、押し引きを覚える


麻雀初めてみたものの、勝つ時は大勝ちするんだけどめっちゃ負ける…


という方、押しすぎです。まずは守りを鍛えましょう。
麻雀は4人でやるゲームで、流局をのぞいてもだいたい4回に1回しかあがれません。
4回に1回しかあがれないのに、4回のうち4回勝負して、1回勝って3回負けてたらどうなりますか?


牌の危険度がわからない人はとりあえず誰かに先制リーチされて、リャンシャンテンならほぼ確実に降りてください。それだけで成績は良くなります。


福地誠先生の本に「オリるのは男にとって射精を我慢するようなもの」と書いていた記憶があり、すごくよく分かるのですが、耐えましょう。


この際、初めて学習する人にとてもオススメなのは白鳥プロの押し引き本です。

f:id:kusomaguroman:20200116135655j:image
競技麻雀といわれるプロ麻雀の世界は、赤や1発ウラ、祝儀がないこともあるため、一般的なルールより若干引きがちですが、引き目くらいだなぁと思うくらいで始めてみましょう。

 


ーーーーーーーー
4、牌効率を覚える


守りをある程度鍛えたら、次は攻めを鍛えましょう。


牌効率の学習では、どういう風に切るのがテンパイに近く、打点があるのかをつきつめていきます。これに関してはウザク氏の牌効率の本をオススメします。

f:id:kusomaguroman:20200116135830j:image
よくある3444みたいな変則3面待ちや、468のようなリャンカンの形を覚えていきましょう。


慣れてきたらドリルとして、「何切る」をやっていきましょう。

f:id:kusomaguroman:20200116135915j:image


ーーーーーーーー
5、鳴きを覚える


攻めといっても、面前で攻めるのではなくポンやチーなど鳴く技術も必要になってきます。

f:id:kusomaguroman:20200116135843j:image


そして、相手の鳴きに対する防御についてはうに丸チャンネルの「鳴き読み」は動画でわかりやすいので、授業中とか暇な時に見るといいでしょう。


ーーーーーーーー
6、ルールに応じた打ち方を学ぶ


麻雀にはいろんなルールがあります。
スタンダードな4人うちの半荘戦に対して、その短期決戦の東風。3人うちの三麻がありますし、これらでもかなり押し引きが変わります。


また、ウマやオカ、祝儀比率や枚数、箱下精算、60000点(50000点)終了、西入、途中流局、発声優先、ダブロン……
と様々な条件設定によって打ち方を変える必要があります。


例えば、歌舞伎町ルールとかで祝儀比率を高くして、チップ(赤、1発、ウラ)1枚を、10000点とかにすると
タンヤオ赤2000点をツモるだけで32000点相当。つまり役満と同じな訳です。赤ありの良形はガンガンいきましょう。


僕も、半荘戦ばっかりやってたころに、東風戦をはじめたら麻雀の基準がブレブレになりました。
そして東風始めた後に半荘やったら成績下がったり。天鳳やってたら押し引きが分からなくなったりしました。麻雀なんもわからん。


三麻やチンゲの押し引きに至ってはもはや何がなんだかんだという感じで、この前三麻の戦術本が発売されたので良かったら読んでみてください。


ーーーーーーーー
7、検討する


人間、反省しないと全く上達しません。
ただ、リアルで麻雀打っていると、相手の途中経過や、読みの正誤がわかりにくく、「結果論」しか見えなくなりがちで、長期的に見て正しい選択をしても負けることがあります。


そういう時はネット麻雀で牌譜を見るのをオススメします。


麻雀は「学習」と「実戦」をして、最後に「修正」していくというサイクルが大切で、要するにこの作業です。
麻雀の戦術書といっても、筆者によって雀風が異なるので(メンゼン派でめっちゃ強い人の本とかもあります)全てを鵜呑みにするのはやめましょう。押し引きが中途半端になってボロクソに負けます。


また、牌譜検討以外にもオススメなのは、「天鳳 牌理」と検索すればでてきますが、このサイトで、自分の見た牌姿を入力すると、何を切ると有効牌が多いか判断出来ます。
https://tenhou.net/2/

f:id:kusomaguroman:20200116135948p:image

そして、「麻雀収支帖」などのアプリを使って、戦績を記録しましょう。
もちろん僕はお金なんかかけてません😅😅😅😅😅😅😅😅、人生をかけて打っているので、以下は誰のかわからない、なにかわからない数字の羅列ですが、こんな感じで記録をとれます。

f:id:kusomaguroman:20200116140332p:image
ーーーーーーーー
8、メンタル


麻雀はメンタルが凄い大切です。
「起きうることは起きうる」し「刺さるときは刺さる」もの。
選択と抽選のゲームなので、明らかに自分が有利な3面待でもカンチャンにまけることはあります。


フリーで熱続行しない。
終わったことは気にしない(間違った選択をした場合は反省はする)。
どんなにタコ負けしてても、オリるべきところはオリる。


麻雀は、毎局基本的に4人のうち1人しか勝てませんから、負ける回数の方が多いわけなので、そんなんでいちいち煮えていたら体が持ちませんし、周りの人にも迷惑です。


僕の2020の目標は「負ける時も気持ちよく」です。もちろん勝ちにいきます。


みんなから呼ばれる、好かれる打ち手になりましょう。

f:id:kusomaguroman:20200116135955j:image
ーーーーーーーー
9、麻雀の本


本はたくさんあるのですが、Kindle Unlimitedで月額1000円程度で読み漁るのが安いです。
それ以上の価値はあります。
これ書き始めると終わらないので、僕が読んだ(あるいは1部だけ読んだ)順に羅列だけしときます。とても影響をうけた本には☆をつけておき、麻雀初心者の方にオススメな本には〇をつけておきます


科学する麻雀
☆勝つための現代麻雀技術論
麻雀傑作何切る300
麻雀傑作何切る301
〇トッププロが教える最強の麻雀押し引き論
☆☆ゼロ秒思考の麻雀
◎これだけで勝てる麻雀の基本形80
スーパーデジタル麻雀
実戦でよく出る!読むだけで勝てる麻雀講座
麻雀勝ち組の鳴きテクニック
☆現代麻雀最新セオリー
麻雀勝ち組の選択
麻雀テクニック
超実践麻雀何切る何鳴く
〇ブラコン女子大生の最短で強くなる方法
麻雀の失敗学
天才雀士3人に麻雀のことを聞いたらバカ勝ちできた
むこうぶち傀に学ぶ麻雀強者の0秒思考
〇論理的思考で勝つ麻雀
麻雀勝ち確システム
麻雀が強くなるための心と技術
多井熱(戦術書ではない)
強者の最新手筋100
◎ウザク式麻雀学習 牌効率
麻雀の二択
鬼打ち天鳳位の麻雀メカニズム


あと、読んでないけどこれから読んどきたい本をあげときます


データで勝つ3人麻雀
もっと勝つための現代麻雀技術論実戦編
麻雀 魔神の読み
統計学」のマージャン戦術
デジタルに読む麻雀
麻雀 鳴きの教科書
鉄押しの条件
ラス回避35の技術
超メンゼン主義麻雀
相手に対応させる技術
序盤の鉄戦術