浪人失格

恥の多い生涯を送ってきました。徒然なるままに日々の考えを記録していきたいと思います。

マナ悪医学生、秘書検定に挑戦①

 

パァン

セット卓に強打の音が響く、マナ悪雀士

なんか最近勉強したいなぁと思って、なんか資格でも取っとくかと思ってユーキャンの講座を眺める。

なんとユーキャンには医師免許はないということと、割と高いということに気付いてしまった僕はなんとなく本屋さんに行った。

危険物取扱なんちゃらとか、宅地なんちゃらとか行政書士なんちゃらとかいろんな資格が並んでいた。

こんななんちゃらたちを、将来使うのかなぁと思うとあんまり。

ーーーー
医師×弁護士→強そう、日本全国で100人くらい?医療事件とかを扱えそうなので強い

医師×プログラミング→強そう。知らん。

医師×英語(TOEFLとか)→マジで強い。でも英語嫌い。

医師×世界遺産検定←会話のネタになるのであり。
ーーーー

世界遺産検定持っとくと良さそうですよね。患者の人に「治ったら○○行くのおすすめンゴよ」とか、「○○行かずに死ぬのはもったいないンゴね」とか。新手のハラスメントになるかもしれんけど。
世界遺産ハラスメントで退職させられるのもそれはそれで面白い。


んー、で、結局いいなぁと思ったのは秘書検定ですね。2.3級は面接とかもないですし取りやすそう。ネットとかで調べたら3級だか2級は30時間くらいで受かるとかなんとか。
じゃあワイなら3時間で受かるかな。

医療の訴訟とかトラブルは医療ミスとかもそうなんですが、実はマナー・接遇が多いらしいです。そういうことを考えると

医師×秘書

というのは割と良さそうだなと思うのと、もし職を追われた時は友達の秘書にでもなって養ってもらおうかなというのも含めて。

秘書検定で勉強する分野はこんな感じです


①マナー・接遇
敬語、接遇用語、話し方、聞き方、人間関係
、依頼の仕方や断り方、支持の受け方、報告の仕方、説得の仕方や受け方、来客対応、席次、電話対応、慶事や弔事の業務、贈答
など

②技能
会議の基礎知識や準備、ビジネス文書、社内文書、電子メールの書き方、グラフ、受信文書の取り扱い、郵便物の発信、「秘」文書の取り扱い、郵便の知識、事務用品、資料の整理、名刺の整理、スケジュール管理、出張前後の業務、オフィスのレイアウト、環境整備
など

③一般知識
カタカナ用語、企業・経営組織の知識、人事・労務の知識、マーケティングの知識、会計・財務の知識、税務の知識、金融・手形・小切手・印鑑の知識
など

④必要とされる資質
秘書の心構え、人柄、求められる能力

⑤職務知識
秘書の役割と機能、業務

 

ほうほう。敬語とかはもちろん、弔い事とか郵便の知識は割と使えそうな割にちゃんと学ぶことないなぁとおもったのでやっぱりこれは勉強した方がいい!


そう思って本を購入(10月頃)。

 


試験の申し込みが1月20日だったなぁと思って一昨日くらいにサイトを覗いたら1月15日まででした。

 

 

はぁ?

このスケジュール管理能力で秘書になれるのだろうか?