浪人失格

恥の多い生涯を送ってきました。徒然なるままに日々の考えを記録していきたいと思います。

遅刻するなら後ろから2番目

僕が苦手なものに集合時間に間に合わせることが挙げられます、しかし、高校の同期とは心が繋がりあっているので、この前は9:00池袋集合ねという約束に11:40分に行きましたが、お互いに待った時間は10分ぐらいでした。

なんなら、昔友達と「明日朝9時に御茶ノ水ね」と言った5分後に、「よく考えたらあいつ絶対起きねぇな」と思って無連絡で昼まで寝ていたことがあります。
昼になって、一応申し訳なさそうなフリをして「あー行くつもりだったのに、絶起した!w」と連絡を入れると、相手も昼まで寝ていました。

今年陸上部でラウンドワンにいったときも、9人中間に合ったのは1人だけ。

全員が集合下手すぎて逆に集合が上手いという。全員が遅れる世界であるなら、遅刻はなんら問題がない。むしろ時間通りに行くやつが輪を乱してると言えるのではないでしょうか。

だってね、9人中1人が集合時間通りに行ったせいで、残り8人はその1人に申し訳なさを感じなければいけない。

まったく、時間を守る奴は周りの迷惑をもうちょっと考えてほしいよね。

ーーーーーーーー
時間に間に合う奴が時間に間に合わせるのは「当たり前」のことでしょう。そして、時間に間に合う奴が遅刻した場合「クズ」でしょう。許せません。
でも一方で、遅刻する奴が遅刻するのも「当たり前」であって、遅刻する奴がたまに時間を守ったらそれは「偉い」んです。そういうレベチな存在。

世の中の人間にはそんな簡単なことがわからない。時間を守ることに躍起になって、結局時間に操られていることに気付かない哀れなマリオネット。結局時間を守らない奴ほど自由。人類の歴史が「自由の獲得」というものに向かって進んでいると考えるならば、時間を守らない人のほうが人類として進化していると言えるのではないでしょうか。

僕は、むしろ遅刻しない人達の社会というものは、かなり盲目的で未発達な社会であるとさえ思います。

中学3年生のときに、筑波大学訪問の折で、ゲーム理論なるものを少々知りました。みなさんは「囚人のジレンマ」というものをご存知でしょうか。囚人二人を捕まえて司法取引をもちかけ

・二人とも自白しなければ、証拠不十分で二人とも2年懲役
・片方自白したら、自白した方は釈放し、もう1人は10年懲役
・二人とも自白したら二人とも5年懲役

というルールのもとで考えると、Bが裏切った場合も、Bが裏切らなかった場合も、Aは裏切った方が自分の懲役が短くなるため、裏切るのが最適解になります。
Bでも同じことが言えるため、結局二人とも裏切ることになるという運命です。


寝ブッチだってそうです

・二人とも起床したら、眠いけど二人とも待たない
・一人絶起したら、絶起した方は気持ちいいし待たないけど、起床した方は眠い上に待たされる
・二人とも絶起したら、二人とも気持ちいいけどスケジュールが遅れる

f:id:kusomaguroman:20180619212027j:image
つまり、正常な思考をした人であったら、絶起した方が「得」なんだから、絶起するし、結局みんなが絶起するところに均衡がうつっていくわけなんですよね。

だから、結局僕や僕の周りの人々はみんな論理的で理知的だからこそお互いに堂々と寝坊して集合に遅れていくわけです。
ーーーーーーーー

閑話休題

僕がどれほど説明しようが、世の中には話の通じない自分勝手な時間守るパンクチュアルマンが幅を聞かせています。
お前が時間を守るからってほかの人にもそれを要求するなよと殴りかかりたい気持ちを抑えて、そういう、時間に間に合うように神様に設計されたズル人間達とどう付き合っていけばいいのでしょうか?

 

この前3月にディズニーに言った時の話なんですが、たしか僕は自分で決めた集合時間に20分遅れて行きました。
自分で開園凸しようと言っていたのに、遅刻。さぁヤバいと思っていたら、ほかの人が25分ぐらい遅れてきました。そうすると、この集団は20分遅れではなく25分遅れの集団になる。

要するに、僕が時間通りに行こうが、行かまいが、この集団は25分遅れの出発なのです。
そうだとすると、僕は定刻通りに行こうが、24分遅れで行こうが、集団としての出発時刻は変わりません。

そうです、遅刻するなら、後ろから2番目を目指しましょう。