浪人失格

恥の多い生涯を送ってきました。徒然なるままに日々の考えを記録していきたいと思います。

写真にうつる時にピースをしたくない

昨日、日比谷線をひたすら歩く会をしました。なぜ日比谷線を端から端まで歩く会と呼ばないのかというと、日比谷線は中目黒から北千住までで、中目黒から参加予定でしたが僕は当然のように寝坊したためひとつ先の駅の恵比寿駅からの参加になりました。悲しい。

散歩の感想?楽しいなぁ、終わり。

散歩の内容はどうでもいいんですが、一駅一駅で写真を撮っていこうみたいなことになって、ここでなにかしらのポーズをとろうということになったものの、僕は昔からピースサインをするのがすごい嫌いなんですね。

f:id:kusomaguroman:20180504195320p:image

何でもかんでも他人と違うことをしていればいいというわけではありませんが、写真を撮るときに安直にピースをするのは無個性の象徴的な。

一方で、みんながピースしてる時に1人だけ中指立てているのは頭がおかしい。調和を乱している。

でもね、考えてみてください、事故で人差し指を失った人はね、ピースしようとしたら中指立てになっちゃうじゃないですか。そういう人の気持ち考えたことあります?

f:id:kusomaguroman:20180504195311p:image

 

少なくとも僕はないです。