浪人失格

恥の多い生涯を送ってきました。徒然なるままに日々の考えを記録していきたいと思います。

11回死んだ男〜ダンスのペア作り研究・理論編〜

 

「ごめんなさい、ちょっと考えさせて🙏」

ーーーーー
僕が入学した某大学は、2年からは御茶ノ水なわけですが、1年生は千葉県の寮なわけであります。

なんか寮の雰囲気的に、僕が通っていた高校よりも高校らしい。6月には寮祭というのがあるらしくてそこでは共学高校レベル99みたいなイベントをしなければなりません。

3日間あるらしいんですが、1日目は女の子とダンスをしなければいけない、そしてダンスとは名ばかりで、書きませんが、それ以上のことをしなければいけない。
そのペアの申し込みをしなければいけないのですがなかなかにクソ制度。

 

・クソポイントその①
まず男女比がおかしい。医学科が男96女45なので、普通に男の半分はあぶれるし、女子の真ん中ぐらいの人とダンスの申し込みをしようとしても、男の中で上から25%ぐらいにイケメンではないと釣り合わない。
実は寮祭は医学科とスポーツ健康科学科なので、全体で見れば男350女200ぐらいなわけです。しかも、基本的にスポ科の男の方が男としては素晴らしく、医学科女子もなよなよした医学の男よりかはスポ科のオスらしい男に惹かれるのは当たり前で、さらに厳しい状況です。
いやてか看護学部国際教養学部も混ぜてくんね?そしたら男400女600とかになるんだけど🤔

ルサンチマンとしては、将来医者の結婚率は男の方が圧倒的に女に高いようですが、そんなことで鼻を高くしたところで、僕にダンスペアが作れないところに変わりはない。
ここで現在8連敗ぐらいしている医学科男子の某氏の発言を参照してみましょう。

〇〇「順天の女子は人数比のせいで需要が高いから男を品定めしてるし調子乗ってる」
ぼく「でも〇〇はかわいいよ」
〇〇「そうだよ、僕が一番かわいいよ」


・クソポイントその②
部屋会とかいうのがある。とにかく男女をくっつけようとする合コンみたいなのが何回もある。一緒に運動するやつとか、とりあえず手を繋がせたがりますし、他には例えば逃走中みたいなのをやって、牢屋に捕まったとして、男女でハートを作ってツーショット撮ったら解放だとか。男女比的に明らかに牢屋に男が溜まって言って地獄絵図になります。
しかもこういう男女でワチャワチャする空間みたいなのに慣れてなさすぎる。浪人生とかいうのは、おじいちゃんすぎて、なんか写真とるときの「動画かーい」ってツッコミのやり方がわからなくて、ゴニョゴニョいってたら、前のスポ科の女が振り返ってから笑い出して
「後ろの男子ノレてないから見てみたらぽくて笑った」
とか前でコソコソ別の女と喋ってて死にたくなりました。しんどい。

 

 

というか僕は、書きませんが、自分の経験上すんごいn人にアタックするみたいなのが嫌いなので、こういうのがシンプルに嫌いです。
ナチュラルに、好きな女の子が行くからという理由で医学部受けるようなことをする人間は本質的に一途なんだから当たり前な話です。

といっても、一途と言っておけばコミュニケーション障害キモオタクの隠れ蓑に出来るほど世の中は甘くない。
というか、間違われがちですが、行動力偏差値70超えの僕は別に喋る時に男女をそんな気にしてないので普通に無限に喋れるんですけど、喋っている内容が斜めなので女子の場合は通信障害が発生してドン引かれてしまうようです。

 

さぁここで僕がここ数日で考えた寮祭ダンス回避方法を伝授しましょう。

①彼女がいると思い込む
②おじいちゃんが危篤だと思い込む

ここらへんが良いでしょう。

①について、もちろん彼女がいるイケメンどもは彼女に黙ってダンスペアの女狩りを始めるんですが、一方で彼女がいるからという理由でダンペアを作らない人がいます。そういう人は周りから漢だと1目置かれるようなので、「自分にはかわいい彼女がいる」と思い込んで、そのように公言しましょう。

てかこの思い込みは寮祭に限らずに最強です。先生に怒られても、自分の痛いところを友達につかれても「でも俺には可愛い彼女がいるよ」と思い込めばすべてが圧倒的勝利感😤😤に包まれます。
結局世の中は精神異常者が最強なんですよ。

②について
おじいちゃん、おばあちゃんを、約束をドタキャンするために何度口実に使ってしまったことかわからない。
中学のときは定期的に自分のメールアドレスに「おばあちゃんが倒れた」とメールを送り付けて友達に見せていました。
「いや、お前のばあちゃん死にがちじゃね?」という話はおいといて、大学に入ったのでリセットできる。あと5回ずつぐらいは使わせてもらえる。
不謹慎?黙れ俺は医学部だ倫理観の塊だ

 

 

理論編はここまでにしておいて、次からは実戦編に入りたいと思います。

f:id:kusomaguroman:20180425153758p:image