浪人失格

恥の多い生涯を送ってきました。徒然なるままに日々の考えを記録していきたいと思います。

誰かへ捧げる浪人総括〜第8章 現役時代の面接②〜

1分後に自分が死ぬと今すぐ言われたら、どうしますか?

家族や友達に今までの感謝を告げるだとか、自分の人生について振り返ってみるだとか。

いろんな「有意義」なことが思い浮かぶかも知れませんが、それはあなたが1分後には実は死なないし、その余裕があるからです。

実際にこんなぐらい「詰んだ」状況に追い込まれた時、人間がとる行動はあまりにもくだらないことです。

日本だと、街中で急に銃声が聞こえたとしても正常化バイアスが働いて、「まぁ気のせいだろう」みたいな感じでスルーしてしまうし、自分に銃をむけられたとして、とっさに回避行動なんてことは出来ずに「今日の晩御飯何かなぁ」とか考えてしまいます。

12月頃に好きな女の子にフラれ(たと思っていて、実際にはその三ヶ月後)てこの世の終わりだと思っていた僕が何をしたかわかりますか?

①結婚式によぶ人リストの作成
②合格した時のFacebook投稿作成
③不合格の時のFacebook投稿作成
その他多数

1は個人情報が多いのでお見せできませんが(というか、フラれた直後に結婚相手いないしほんとなんで作ったのか意味わからないぐらい錯乱している)、2.3については東大関連の合否なので実際今となっては投稿する使い道もないので断片的にここに書き残しておこうと思います。

ーーーー
②去年は「大学に入りたいです!」っていったら「ダメです」って言われたので浪人しました。

今年は「大学に入りたいです!」っていったら「いいよ」って言われたので、春からはまた駒場に戻ることになりました。我ながらしょうもない選択をしたことになります。
(中略)
1 なぜ東大を受けたのか
うーん、東京にいたかったからというのが第1ですね。逆に言えば東京なら私立でもどこでも良かったです。
「なんで去年から東大受けなかったの?」という質問を投げかけてきた人は全員嫌い。
限界浪人生の天敵は正論なのである。
(後略)

ーーーー
③大学、素直に全落ちです。

もうなにやっても上手くいく気がしません。よく環境のせいにする人がいますが、僕は胸を張って自分のせいだと言えます。

受験はギャンブルです。なにをやっても100%はありません。ガチ勉強して90%にして受験に挑まずに、遊びながら80%にして受かろうと発言していたら、しかしこれが罠で、30%になっていた、そんな1年だったと言えるでしょう。

落ちた後輩、来年はよろしくお願いします。受かった後輩、ラーメンに連れていってください。
(後略)
ーーーー

ちなみに、去年の3月に僕が千葉をおっかけて受けた女の子にフラれた時はこの5万倍ぐらいこの世の終わりだと思っていて
なんか一周まわって恋愛小説とか書いてました。見せないけど。と思ったけど、ここで見せることが供養になるのだとすれば、この投稿が大学以降の友達に見られるということを踏まえた上でも、供養をしたいと思います。

本当に5万倍ぐらいこの時は大変でですね、どれくらいヤバいのかと言うと、僕のお友達の方は僕のFacebookの4月の投稿を読んでみてください。きっと、あなたが人生で見たことのないようなセンスの文章が載っているでしょう。僕のお友達じゃない人はドン引くと思うので、怖いもの見たさで読みたい人は友達になってから読んでくれると嬉しいです。
この投稿がヤバすぎて、駿台であんま知らんoin生に「ポメダ、ガチ病みしてねww」的なことを言われていたらしく、それを聞いて

(ああ、読みたくない人にも強制的に見せちゃうSNSって良くないな(でも友達追加してるんだからそれぐらい許してよ))

という気分で、そういう人たちに見られたくないけれど、僕の文章が好きな先輩、同期、後輩、知り合いのためというか、なにより自分のために、このブログを開設しました。すると、なんか後々また人づてに聞いたんですが、oin生が僕が当然のように欠席してる駿台の教室で僕のブログについて話していたようで、つくづく相性悪いなぁと思いました。といっても、所属で人を判断とかは僕はあんま好きじゃないんでしないし、なんならカナムラさんもoin生ですが大好きでした。僕は俳句が大好きなんですが(Twitterで@komehaikuという俳句垢があります)、Twitterで俳句を詠んでいて、そこで完全に惚れました。

僕はよく知り合いに「ブッ飛んでる」と言われますが、僕が1番ブッ飛んでるのは羞恥心で、なんでそんな自分の恥ずかしいことを言えるのかというと、ここに書いてあります(http://kusomaguroman.hatenablog.com/entry/2017/09/10/225426)。
第1、こんなことで恥ずかしいと思っているぐらいなら、浪人が決まった時点で恥ずかしくて生きていられないもんです。
浪人生の最大の敵はメンタルらしく、秋頃からみなさんヤバくなるらしいですが、勉強面のメンタルという意味では、僕はまったくそんなことはなかった。ゴキブリのようにしぶとく生きることが、浪人生として生きるには向いているのかもしれません。

ーーーー
(前略)
「どうか、どうか忘れないでいてください、今日のこの逢瀬と、そして庶幾くは僕のことを」
「人間はレッテルを貼られてしまいます、なんていったって、生物ですもの。生鮮食品がすぐ値引きされていくように、人にも賞味期限があります。今の私をあなたが愛し、そして2人とも今日を忘れなかったとしても、私達2人はこのままでいられることは無い。あなたの志だっていつまでも存在するわけではないでしょう」
「それでは神に誓いましょう」
「残念ね、私は無神論者なの」
「私にとってはあなたが神なのです。あなたからして私は異教徒となってしまっても、改宗させられることはありません」
「とんだ原理主義ね。空気にだって抵抗があるのに、私がそんなあなたに抵抗を抱かないわけないじゃあないの。嘘だと思うなら鼻くそでも飛ばしてみなさい。きっと勢いよく飛んで、飛んで、でもそして最後には減速するでしょう」
「僕は君のそういうたまに汚い話をする所が好きなんだ。鼻くそを飛ばしてみせよう、でもそれは地面に向かって。きっと加速するでしょう、減速するかもしれませんが、地球が鼻くそを引き寄せるのを、結局空気なんかが邪魔することはできないのです。地球とはあなたの事です。鼻くそとは僕のことです」
「いやぁねぇ、鼻くその分際で話しかけて来ないでちょうだい」
「一理ある。」
(後略)
ーーーー

南無〜南無〜☠️ 供養完


さぁ、今回は、僕がそれくらい入学したかった、去年の千葉の話です。
受験にそこまで熱意のない僕といえど、去年の千葉は本当に入学したかった。

僕にとって、去年の千葉大の受験は、受験ではなかった。世の中には大学受験を目的だと思っている人がいますが、大学受験とは目的ではなく手段であり、ゴールではなく通過点に過ぎない。と、カッコイイようにまとめていますが、結局僕にとって去年の千葉の受験はなんだったのかと言うと、一言で表せば「婚活」の場でした。
婚活だと思って受験する人間は、志願者多しといえどなかなかいないでしょう。

僕は一体いつ「お義父さん、娘さんを僕にください」と言いに行く機会があるのか知りませんが(くださいって表現は、前時代的なのであんまり好きじゃないです)、去年の千葉大の受験は

「お義父さん、娘さんと同じ大学に通わせてください🙏」

という気持ちで面接に臨みました。答えはNOでした。どうやら想像以上に厳しいお義父さんだったようです。


ーーーーーーーー
第8章 現役時代の面接②

筑波大の後日談として、合格発表の日、これは去年度の12月、つまり2016年の12月(前回も去年の筑波大学受験みたいなことを言いましたが、正確には2017年ではなく2016年です。僕が「去年」という時は「去年度」、「今年」という時は「今年度」であることが多いので、そこらへんは賢明な読者諸氏の読解力に任せます。)頃でした、僕の周りの人は、僕は受かったなんて一言も言ってないのに、僕が当然受かったと思い込んだようです。

Twitterは「おめでとう」リプの嵐🍃🌀
「12月で受験終わるの羨ましいなぁ」とか「ラーメン奢って」とか。

そして、友達の保護者から僕の母親に向けて「合格おめでとうございます!流石です!うちの息子もあやかりたいです!」とのメールが。たいへんありがたい事なんですが、その後ちょっとだけ「流石です!」というクソリプが流行りました。

合格発表の日、僕は落ちてたので、たしか月曜日だったので鉄の化学だったと思いますが、当然授業には出席しますよね。
鉄に言ったら友達からすごい合格を祝われて、実際は受かってないのでハニカムわけです。「合格おめでとう!」「受かってんだから鉄来んなよw」とか散々言われて。

打ち明けるタイミングを失った僕は、ついに耐えられなくなって、鉄の授業中、隣の席の友人のポータキくん(仮名)に「俺、実は落ちてるんだよね」と震えるような声で話しました。

彼は一瞬キョトンとしたような顔をして、すぐにグニャアと顔を歪めて肩を揺らして笑い始めました。僕も笑いました。

アハハ!

こういう時に一緒に笑い飛ばしてくれる友達というのは、気遣ってくるような浅い仲の友達よりもよっぽど大切な存在です。

アハハ!アハハ!ヒッヒッヒ!

授業中に笑うな、うるせぇ。

 

千葉大医学部 前期
僕がお義父さんだと思っていたこの大学の面接は、ちょっと特殊で、他の大学とは全然違います。

一日目の筆記試験の前に面接シート的なものを書きます。そこにこれまでの経歴と、裏面になんかお題が書いてあって、それに関して短い文章を書く、みたいなのが40分ぐらいあった気がします。いきなり筆記試験が始まるよりは緊張が緩和するんでいいシステムだと思います。

なんか、昔、慶医の人(?)だかがなんか事件起こして退学になったあとにそれを隠して千葉医を受けたとかで始まったみたいなことを聞いて、それがホントかは知りませんが、空白期間のないように経歴を書かされます。

お題は「将来の医師像」みたいな感じだったかと思います。

この年はですね。千葉大の学生がレイプ事件を起こしたとかで、普通志願者減ると思うんですけど、みんなレイプ大好きなのか、それとも志願者が減るチャンスと思って逆張りしたオタクが多かったのかは知りませんが、めちゃくちゃ志願者が増えていました。例年300人とかなのに、その年は400人近い志願者に爆増していて(今年は300ちょいにまた戻ります)、合格最低点が50ぐらい上がります。ほんとふざけんな。

僕は受験後に「(体感)合格最低点より100点は高いw」と言っていましたが、実際に40点ぐらい高くて、でもそれでも合格最低点が50上がってるので落ちました。点数開示については昔の記事があります。開示すんなバーカバーカ(http://kusomaguroman.hatenablog.com/entry/2017/06/10/213804)

 

実際レイプ事件によって落とされたようなもんなんですよね。

「レイプをすれば純粋な少年が浪人する。」

という「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいな文言を心に踏まえた上で、これから医学生になったり、東大で誕生日を研究する会みたいなのに入ろうとしたりする人は、お願いですから、事件を起こさないでください。

noblesse oblige

ノブレス・オブリージュ。高貴さは義務を強制する。医師が偉いだとか、東大生が偉いだとか思ったことがありませんが、そういう風に社会からみなされている人達は社会規範となるように生きていかなければなりません。そこら辺の人が殺人事件を起こしてもそこら辺の人なんですけど、慶應義塾の生徒が父親殺したみたいなときはニュースになりましたし、医学生とか東大生が事件を起こすと、普通の人以上に叩かれるので気をつけてください。別にそういう立場でなくても、当然、犯罪には足を踏み入れないで欲しいんですけど。
てか普段赤信号絶対渡らないんですけど、この前友達と歩いている時ついつい気が大きくなって渡ってしまったら、その瞬間警察の方に怒られてしまいました。入学取り消しになったり、前科がついて医師免許がとれなくなったりしないかと震えて眠る夜を送っています。

 

高貴な出自、といいますと、親が東大〜とかそういう友達も多かったですが、別に僕はそんな出で立ちではありません。父親はちょっと頭が新しいので(尊敬はしています)、名門ポメダ家とかよく言ってますが、それはスルーしておいて、よくある昭和の大阪でブンブンしてたりツッパったり、奈良県で峠をバイクでせめたりしていたりするような方々に囲まれて育ってきた両親の下に生まれています。
だからこそ、そこから立身出世しようとして自分で稼いで大学に通って、東京に出て来た父親をすごく尊敬しています。明らかに、幼稚園からお受験対策させられて、小学校から私立に入れられて、そこから筑駒に入るのより、あるいは筑駒と鉄に通ってそこからわざわざ浪人までさせて頂いて、医学部だったり東大だったりを受けた僕のeasyな人生よりは大変だったと思います。
僕って、すごい行動がおかしいじゃないですか。友達に「大学に僕みたいな人間いる?」と聞くと「大学と言わず人生で見てもお前みたいなのはお前ぐらいしか見たことがないよ、何人もいたら大変だよ」と言われるんですけど、なんと、驚くことに、ポメダ家には僕みたいなのが2人います、僕と父親です。兄はちょっと傾向が違うんですけど、そんな2人ないし3人の面倒を飽きもせず何十年も見ている母親には頭が上がりません。
僕もヤバいけど、兄も別のベクトルで結構ヤバいので、どちらの友達の保護者からも「どういう育て方をしたらそう育つんですか笑」みたいなのをオブラートに包まれて聞かれるようです。大変そう。実際は僕を見ればわかると思いますが自由放任主義(laissez-faire、レッセフェールってカッコイイよね。)で「育ててない」が一番近いです。しかし、二人とも問題児であるので、よく親が学校に呼び出されます。母親は、何回も軽率な僕達兄弟の責任を取ってくれました。こういうのって、実際に自分が怒られるより、見てて辛いし、効くんですよね。
といっても「親のありがたさというものは親が亡くなってから気付くものであって、存命中の今気付くものではない。むしろ、今からありがたがっていると、親が死んだかのように振舞っていることとなって失礼にあたるのではないか」とかいう言い訳を重ねて僕はモラトリアムを謳歌していますが、将来はちゃんと親孝行したいと思います。

父親はまず僕の名前を「ともひろ」とかいう本名ではない意味のわからない名前で呼び続けるし、駐車場で踊り出すし、ごっつんこ勝負しようといって唐突に頭突いてくるし、自分の若い時のプリクラを「お友達に見せるように」と言ってLINEで急に送ってくる。血は争えないなぁと思いつつ、やっぱりずっとそんなことをしている人は社会不適合者なんですが、真面目な時はほんとうに真面目で、マナーだとかの外面はいいんですよね。
単純にイケメンだし。昔はファンクラブがあっていっつも「ポメダさーん!!」とキャーキャー言われていたとか、高校時代は下半身が乾くことが無かっただとか、疑惑の残るイキリは多いんですけど。
僕のお父さんとお兄ちゃんはイケメンです。僕はと言いますと、昔はお兄ちゃんよりイケメンと言われていましたが、中学から慶應boyの兄と、中学から限界早口キモオタク要請学校(制服はチェックシャツ)の僕では、この数年でかなり差がついてしまいましたね。

外面はちゃんとしてるから僕の父親を見た友達とかは「お前ヤバいから親もヤバいと思ってたけど、めっちゃマトモそうだね」みたいなことを言ってきます。

なんで長ったらしく話をズラしてここまで来たのかというと、世の中、結局は外面が良ければなんとかなるんですよ。面接なんて余裕なんです。ただそれが言いたかっただけ。

そしてノブレス・オブリージュ、つまりそんなことを面接シートに書きました。医師としての能力はもちろんのこと、社会人としての模範となる。僕を見ている人はどの口が言っているのかと呆れるでしょうが、外面ぐらいはカッコよくさせてくれ。
痛烈に批判するのが好きなので、そこで「レイプ事件なんて以ての外」みたいなことを書いたのは、プラスに働いたのかマイナスに働いたのかわかりません。
ああいう事件が起きた後ですから、当然そういう面でマトモな人を求めてるのかなぁと思ったんですけど。

なんか面接シートまでの下りで6500字を超えたので実際の面接編は次回に持ち越したいと思います。最初はこの第7章自体書くつもりはなかったんですけどね。
気付いてますか?ここまでで4万字近い文字を書いてきたわけで、ここまで読んでいる方でしたら、小説がだいたい10万字ぐらいなので、それぐらいの量を読んでいるというわけです。

読者の方がどういうことを書いてくれと思ってるのかは分からないのでお気軽にコメントなり、リプライをくれれば書きたいと思います。といっても、基本は自分のために書いてるので、自分の書きたいことを書くんですけど。

 

 

(第9章 現役時代の面接③へ続く)

 

ーーーーーーー
番外としてはなんですが、前回のコメントで成績について聞かれたので、書き記しておきたいと思います。

まず、センター英語について聞かれたのでセンターについて。
左から同日 現役 一浪
国語 156→162→165
英語 178→170→178
(リス32→40→30)
(換算168→168→166.4)
倫政 59→84→94
1A 100→94→96
2B 88→87→95
物理 92→88→100
化学 82→90→92
∑ 755→775→820(900満点東大換算)

順天受かってたのでマークミスしてないかなぁと思ってたんですけど、東大の点数開示みたらマークミスしていたので実際は違うんですけど、センターの成績開示が来てないのでまだわかりません。
センター英語に関してですが、僕はセンターレベルならまぁある程度は読めるので点数が取れるんですけど、センターよりちょっと難しくなると全く理解出来なくなります😅

例えば、1月のセンター1週間前とかに、予備校が出してるセンター形式のテストのパックがあるんですけど、センターより若干難しくて英語の文法だけやったんですけど、こんなんで流石にびっくりしました。

f:id:kusomaguroman:20180327101040j:image

それでも、ちゃんと強い心を持って、無視したら、本番は文法は1桁点ミスに収まりました。


高校同期かつ浪人同期で医科歯科と慶医受かった人とかは今年センター英語爆死して158だったらしいですし、割と向き不向きってあるかもしれません。
普通にセンター英語190とかとっても東大落ちる人は落ちますしね

東大の模試ですが、現役の時のデータは持ってませんが夏の駿台の東大実戦だけもっていて、168/440のC判定とかで学内で2/3ぐらいだった気がします。以外と筑駒生って模試C判とかザラにいるよっていう。

浪人してからは
夏OP夏実戦秋OP秋実戦の順で
英52→48→39→60
数53→56→63→59
国41→29→28→41
物26→46→34→39
化26→34→19→33
∑199→213→183→232
判定A →A →C →A
って感じですね〜第1回夏OPは二日目理科寝坊して途中入場です。秋OPはシンプルに全教科下振りしたらこうなりました。

他にも聞きたいことがあれば、こんな参考にならない人間ですけどお役に立てれば幸いです。