浪人失格

恥の多い生涯を送ってきました。徒然なるままに日々の考えを記録していきたいと思います。

空気を鬼だと思い込んで殴りかかって自己満足する人達

世の中にはなんかよくわからないことで戦っている人がいますが、1番よくわからないのは脳内で作り出した敵と戦っている人ですね。これがめちゃくちゃ多い。

例えば「「海老蔵が妻が死んだ後に焼肉食ってる!不謹慎だ」とかいってる人に文句をいう」人がいましたね、そういうのを見て思うんですけど別に誰もそんな「不謹慎だ!」とか言ってる人なんていないし主流派でもなんでもないでしょ。明らか脳内でそういう人を作り出してるじゃんという。
他にいえば「ヒアリと思って在来種のアリを駆除しようとしている」人がたくさんいると勝手に妄想して「在来種はヒアリの縄張り拡大を防ぐから大切」みたいに文句を言って「自分わかってますアピール」みたいな事をしたい人種が最近いますけど、別にそんな在来種を駆除しようと躍起になってる人とかいないしいたとしてもごく一部だから。何と戦ってるのほんと。

殴りたいから敵を作って、妄想して作って、もちろんそんな敵はいないから一撃ノックアウト、反撃なんかきようものがありません。いやーこういうのって気持ちいいんですかね?

 

あれ?ひょっとしたらこんな人も元々いないのかもしれませんね!?僕が空気と戦っているのかも