浪人失格

恥の多い生涯を送ってきました。徒然なるままに日々の考えを記録していきたいと思います。

動物化する人間。人間化する動物。part.1

昨日はちょっとゴタゴタがあって更新出来ませんでしたが、今日から三部作ぐらいの予定で書いていきたいと思います。序章はただ単に観光記録を書いていきます。

 

第0章 観光記録
いつとは言いませんが上野動物園に行ってきました。2年ぶりか3年ぶりぐらいでしょうか。ところで一昨日あたりにパンダが生まれたらしいですね。おめでとうございます👏

 f:id:kusomaguroman:20170614212211j:image

街中で見る動物なんて、犬、猫、小さい鳥ぐらいなので、存在自体は知っていてもゾウとかを見るとこんな動物がこの世界に存在するのかと驚かされます。見ていて特に惹かれたのは、ゾウとカバ。昔は「あ、ゾウさんだ!」としか思わなかったんですけど、よく観察してみるとめちゃくちゃ鼻の使い方が上手いんですよね。箒のように地面の草を集めてから持ち上げて食べる、賢いしかわいい。最強。でもうんこは臭かったです。

そしてカバはというとその前にコビトカバを見ていて、その時「デカ!なんでコビトやねん!」と思っていたんですが、その理由はカバを見てすぐに分かりました。カバ、デカ!!!
コビトカバがコビトに見えるわけですね。ヒト要素はどこから来たのかは知りません。

f:id:kusomaguroman:20170614212325j:image

 

 

他に面白いなぁと思った発見をランキングで書いていきたいとおもいます

3位 パンダ
顔が丸いのは、もともと肉食だったのに草食になるために顎を発達させたらしい

f:id:kusomaguroman:20170614212054j:image

 

2位 アジアゾウ
精巣が背中にある

f:id:kusomaguroman:20170614212044j:image

 

1位 ニホンザル
ニホンザルには群れのボスがいない
子供が決まった方の乳ばかりのむので片方の乳首だけ伸びがち

f:id:kusomaguroman:20170614212039j:image

 

僕ね、思うんですよ世の中には過大評価があって、世界3大過大評価といえば、まず第1に冷やし中華
二つ目にジャイアントパンダが入ると思います。
三つ目は知りません、まぁ今後の期待(コンゴではない)を込めてあえて今は欠番にしておきましょう。

パンダ、本当に図に乗ってません?グータラグータラしやがって。パンダに元気をもらいに行くどころか爆睡していてとても腹が立ちました。絶滅してしまえ。パンダは1日の殆どを食事と睡眠に費やします、でもそれは笹の消化率が悪いからです。じゃあ肉食えよマジで。進化してる方向意味がわからない。毛並みは泥に塗れて汚いし無愛想。

 

あーでもよく考えたら自分の生活もそんなパンダと変わらなかった!ww

共に頑張ろう!

(part.2に続く)