浪人失格

恥の多い生涯を送ってきました。徒然なるままに日々の考えを記録していきたいと思います。

きけ ろうにんのこえ

代々木 一郎平成29年TDJ学園卒業。同年4月駿〇入学。御茶ノ水部隊に編入。30年3月東京にて戦死。20歳。 平成三十年一月三十一日 晴 (中略)東〇大学の一学生が一浪人生を赤本で殴打し、頭蓋骨が割れて鮮血にまみれ地上に倒れた。彼の答案を足蹴にし、また「…

人間もろい論者と人間丈夫論者

人間すぐ死んじゃう論者っていますよね、こけただけで頭の打ちどころが悪いと死ぬだとか、落馬しただけで死ぬだとか。一方で人間丈夫論者も割といます。明らかに衛生が終わってそうな食べ物を食べても腹を壊さない。あるいは4階ぐらいから飛び降りても受身…

もしくは芦田愛菜

「お前の好きなタイプってどんなん?」「背が高くて髪がショートの女の子かな」「じゃあ好きな女優は?」「芦田愛菜」「さっき言ってたのと全然タイプ違くない?」 こういう事はありませんか?実はこの男のタイプは「背が高くて髪がショートの女の子『もしくは芦田愛菜…

慣用句に支配された行動

鼻っつらと聞いたら、「折る」以外の選択肢はないですし、あ、「明かす」もありますね。出る杭は、「打つ」以外の選択肢はない。 うーん、中指と聞いたら、「立てる」以外のコマンドを、僕は知らない。

現代日本の「イニシエーション」

ーーーーーーーーーーinitiation…ある集団や社会で、正式な成員として承認されること。また、その手続きや儀式。ーーーーーーーーーー イニシエーションといえば、どこかの部族の人が成人の儀式でバンジージャンプをするだとか、そういうことを思い浮かべま…

コンビニでトイレを借りると…

コンビニでトイレを借りると、申し訳なくなって何か買ってしまう。 本屋で立ち読みすると、何も買わずに帰るのが申し訳なくて、本を買ってしまう。 これらは「申し訳なさからくる購買意欲」と分類できるんじゃないかなぁと思いました。 他には「もったいなさか…

「イキリ」とか「ウェイ」とか。便利な言葉を多用しすぎていませんか?

先日友達がこんなツイートをしていました。 「そういえばこの前、君早口だからイカ東っぽいみたいなこと言われたときに「話すのが遅いのは他人の時間を余計に使ってるってことじゃない?」って言ってみたら、「そういうところもイカ東だよね」って笑われて、…

東京にいながらして北海道のカニを食べたい

今からする話は数ヶ月前のものなので少し記憶が違っているかもしれません。 ジャンプで漫画を読んでいて、そうそう、「鬼滅の刃」という作品なんですが、大体のストーリーを言うと、鬼と人間が戦うというものなんです。その戦いの中で、鬼に対向する人間の組織…

電車内で隣にJKが座った時

自分が社会から第一印象としてどう見られているのか、というのを確かめる方法というのはいろいろあります。 例えば、歩いていて警官に職務質問をされたとすれば、それは「見るからに怪しい」人間であることを示すことになるでしょう。 もっと簡単な方法で、若…

君走るの上手いねぇ!

昨日、東洋大の桐生さんが日本人初の100メートル走9秒代をたたき出しました。素晴らしいですね。 桐生さんは数年前から9秒代を出すのではと注目されていて、僕も中3の時、陸上部だったので顧問の先生からチケットをいただいて、味の素スタジアムで開かれた、…

なぜ僕は自ら自分の恥ずかしい話をするのか

僕は詮索というものが苦手です。 相手が、本人から晒してくれた情報を見聞きするのは好きですが、自分からわざわざ相手について隠れて知ろうとする行為というものを、その内容の良い悪いを別として、あまり好きではありません。 僕は、自分の恥ずかしいこと…

漏れる。漏らす。漏らせ。すべてを受け止めたいから。

公園で、日陰のベンチに座って、揺れている木の影を眺めているのはなかなかに面白い。 木漏れ日があるのは、まさに木漏れない日があるから。植物を育てるのに役立っているのは木漏れない日なのかと思うといろいろと悩ましい。

光に吸い寄せられるイカの気持ち

この世の多くの動物は、明るいものに向かって近づいて行く習性があって、これを走光性と呼びます。 小学校の時に習うことですが、夜に電灯の周りにむらがる蛾だとかが走光性の例に当たります。 チョウチンアンコウは何故頭にチョウチンを垂らすのか。深海と…

不倫の感想1位、「どうでもいい」

芸能人が不倫とかしますよね。毎日毎日テレビのワイドショーはこんな事を取り上げていますが、8割ぐらいの人の感想は「許せない」ではなくて「どうでもいい」だと思います。謝罪?しなくていいよ当人達だけで解決してくれ。 というかそれ日本全国に放送すること…

戦う前から勝負が決まりきった試合

戦う前から結果が知れてる戦いってよくあるじゃないですか。フィクションの世界では劣勢な方が勝つ傾向にありますね。 世の中にはお決まりというものがあって、ドラゴンボールのように少年誌の漫画では、「敵がでてくる→苦戦する→倒す→さらに強い敵が出てくる…

浪人生の建設〜人間の論理と浪人生の情緒とは?〜

今日、「人間の建設」という本を読了しました。これは小説というよりかは、小林秀雄氏と岡潔氏の対談を収録したものであります。 小林秀雄氏というのは、まぁ普通に日本に生きていれば成人するまでのどこかの機会で1度は聞いたことがあるでしょう有名な批評家…

足裏に、感覚を集中して

人類が生まれて数百万年、僕らは靴を履いて歩くようになった。そして忘れてしまった。大地との繋がりを感じなくなってしまった。 裸足。みなさんはあまりならないかもしれませんが、僕は裸足が、そして靴下で歩くのが好きです。小学校の時から中学校、高校に…

東大生でも包丁で刺されたら死ぬ〜君の膵臓、めちゃウマで草〜

浪人生なので映画でも見に行こうということでトーホーシネマズに行って、スケジュール的に上映開始四分前ぐらいに「君の膵臓を食べたい」という映画に突撃しました。 これは数ヶ月前に某友人が推していた本が原作なので楽しみにして予備知識なしで見ましたが………

他人を借りて、自分を語る。

面接などの機会で自分の思考パターンを他人に説明しろ、自分の性格を分析しろ、と聞かれることはよくあると思いますし、自分でやってみようと思うことだって少なくないでしょう。 その際に面白いなぁと思うのは、自分の体験や過去と照らし合わせて語るという…

全知全能の神はパフェの味に感動できるのか?

日々生きていく中で、世の中の物事が思い通りに行かないと辛いし、それに絶望することは少なくないでしょう。 思っていたほど綺麗ではない観光地や景色。思っていたほど美味しくない食べ物。思っていたほど楽しくないゲーム。バク転をしようとしても、思って…

人生、人生って感じだ

1やりたいことは何だろう?太陽に当たりたいな、海風を浴びたい、浜辺でカニでも探したい それをして、そういうことに時間を使って、何になるんだろうか。何の気なしに、捕まえたカニの気分になってみる。カニは、捕まえられた檻の中で、普段と同じように営…

百万人の為に歌われたラブソングなんかに、僕は簡単に思いを重ねたりはしない?

無人島の続きを書いても良かったのですが、今日はあることの悩みが爽快に解決したような気がするのでその事についてのことを感動をこめて書きたいなと思います。 人間には大きく二つの感情があります。「他人と同じでありたい」という考えと「他人とは違った存…

無人島滞在記②〜ついに上陸!初日〜

さて、3/3になりました。ようやく夢にまで見た無人島へ!朝食はホテルのバイキングで。バイキングごと無人島へ持っていきたかった...というのはおいておいて、腹にたくさん詰め込みました。 そしてたしか十時頃にジャンボタクシーにホテルまで来ていただき、…

無人島滞在記①〜沖縄着・無人島前日編〜

夏だ!海だ!という事で、ついにこの事を語る時が来ました。実は僕は今年の3/2-9を沖縄で過ごしました。そしてそのうちの3/3-6の3泊4日間を南浮原島という無人島で生活をしました。 なんとこの島に行くことは旅行の前日、この日は卒業式だったんですけど、3/…

人を惑わす第3の選択肢

「今日はトンカツにしようか、カレーにしようか。うーんトンカツ食べたいなぁ、でもカレーも食べたい。しょうがない、ラーメンを食べに行こう!」 みたいなこと、ありませんか?カツカレーならまだわかるけど、ラーメン。どこからその選択肢出てきたんだよみた…

行動は信心を強かに語る

最近、言ってなかったんですけど、イスラム教のコーランについてなんとなく学んでいまして、そのコーランにはよく「イスラム教徒は妻に平等に接さなきゃいけないけどムハンマドはそうしなくても可」だったり「ムハンマドの妻は裏切ったら地獄で倍痛い目見るぞ」…

そんなにスマホが好きならスマホでも食ってろ

僕の中学時代ーーーようやくスマホが広がり始めた頃の時代でしょうか。友達と渋谷センター街のマックで遊んでいたら、女子高生だか女子大生の2人組がやってきて、着席するやいなやすぐスマホを開いて、そのまま無言でスマホをいじるだけいじって1時間。「キ…

ロングスリーパーの憂鬱

これを書いている現在(7/15 10:00)、ここ26時間中22時間睡眠していました。本当にロングスリーパーというものは人生が険しい。 まず夏休みは12時間勉強とか言ってますけど、ねる準備をして、寝て、起きる準備をしていたらもう活動できる時間12時間切ってるか…

「行けたら行く」は80%来ない

友達を何かしらに誘った時に「行けたら行く」と言ってくる人間にいますよね、実際そう言われると、その人が来ても来なくてもどちらでも大丈夫なように予定を組まなければ行けないので面倒くさい。そして恐らく、行けたら行くという人間は行く気がないんですけ…

お母さんの葬式で泣かないと死刑にされる本

けっこう前になりますが、アルベール・カミュの異邦人という本を読みました。カミュといえばよくサルトルと並べられる人ですね。 あらすじを読んでみましょう。ーーーー母の死の翌日海水浴に行き、女と関係を結び、映画を見て笑い転げ、友人の女の出入りに関…