浪人失格

恥の多い生涯を送ってきました。徒然なるままに日々の考えを記録していきたいと思います。

声の大きなフェミニスト

最近Twitterを見てるとフェミニストのRTが回ってきてあーって感じになります。最初に言っておくとまぁ寛容は不寛容に対して不寛容でいることも出来ないので、僕がこういうことを言う時は、相手からなんて反論されようがそれを阻止するつもりもないし、それに従うつもりもありません。どうこうしたいとかでもなくただの浪人生のぼやきとして聞いてくれたら嬉しいです。

 

こんなこと言う僕は男尊女卑なのかというと、僕を知る人からすればまったくそんなことはないと思います。毎月生理が来るのもどんなものなのか知らないけどたぶん僕だったら耐えられません。出産の痛みもわからないけど辛そうだから僕には出来ません。女の人は凄いですね。

でも僕は、声の大きなフェミニストが苦手です。

僕が苦手な部類の声の大きなフェミニストは、大概「男はクソ」「男は女のためになんとかしろ」「男はズルをしている」などと、大概は男を叩きます。別にそうでない部類の、本当に男女平等だとかを掲げてる人は一切文句言うつもりはありません。

こういうツイートに、更にクソリプを送って生産性のない論争みたいなのを送る男もいますが、Twitterで論争をしてもまったく進捗が生まれないということをいつになったら人類は学ぶんだろうかと思いながら過ごす日々です。まぁ生産性のないことは僕も好きなので、その点でどうこうこれ以上いう気もありません。暇なのはいいことなのかもしれないけど。

僕は、普通に知らん人から男が男というだけで叩かれるのは素直に悲しいです。彼らによると僕は無意識のうちの加害者になっているらしいです、ああいう人たちに言い返してもめんどくさいだけなので最初から謝っておきます、ごめんなさい。
真の平等主義者ならば一人一人を実存的な存在として尊重するものだと僕は思っていたので、なぜ男女平等を謳うような人が、ある人間を男だというだけで叩くようなことが起こりうるのか分かりません。


さてちょっと話がズレますが、「弱い」立場にいるということは、逆に21世紀のこの時代は強みになることがあります。(カギ括弧は、社会通念的にそうみなされているということで、僕がそう思っているという訳ではありません。)
アファーマティブアクションと多様性の名の下に、ハリウッド映画には時代的にいるはずの無い黒人や(2017美女と野獣)、原作にはいなかった黒人(2018オリエント急行殺人事件)が登場します。
大晦日の特番のガキの使いでは、浜田さんが黒人であるエディーマーフィに扮して海外でニュースになったり、女であるベッキーがタイキックされるとネットで番組が叩かれたりしました。

ここで浜田さんが日本人に扮していたら、ベッキーではなくゲス川谷が蹴られていたら、恐らくこんなふうに叩かれるどころかみんなは笑っていた事でしょう。
結局、世の中で声を大にしている人々は「黒人」であるから騒ぐし、「女」であるから騒いでいるのであって、「エディーマーフィ」だから浜田さんを叩くのでも、「ベッキー」であるから擁護している訳でも全くないという事です。

反差別主義者はエディーマーフィをエディーマーフィとして見ていないで、要するにただの黒人としか見ていない訳なのではないでしょうか。
その点でほかの人よりも反差別主義者の方が差別主義者的であるとさえ思えます。
僕は浜田さんの扮装を見て黒人を馬鹿にする意図は感じなかったし、自称反差別主義者が向ける反差別の目がいわゆる「差別」を生み出しているのに違いないと思います。創られた差別に僕は思わずため息が出る。

 

僕は、「違うものを同じように扱う」のが平等だとは思っていません。違うものは違う。それでいいと思います。
今、栃木県民のAさんと香川県民のBさんがいるとします。AさんとBさんを同郷のように接させるのは無理な話です、違うものは違うんだから。

そういう時に、僕らは差別を感じますか?答えはnoだと思います。

栃木県民も香川県民もどちらが上だとか下だとかそんなものではない。

男女の関係もこれでいいと思います。男にだけ出来ることも、女にだけ出来ることもあるんだから、男には出来ない事も、女には出来ない事もあるんだから、「同じように」扱うという意味での平等というものは本当に馬鹿らしいと思います。

まぁそういう簡単なことが、綺麗なことが出来ないから今までに色々な差別が起こってるわけです。そこで、僕の考え方をここに書き記そうと思いますが、それを参考にしようがしまいがそれはみなさんの自由です。別に絶対的に自分が正しいなんて思ったことはないし、そういう考えが一番危険ですから。

思うに、世の中の人々は「相手をどうこうする」ということに興味を持ちすぎではないでしょうか。ラブソングを歌う時に「僕が君を幸せにする」とか歌ってますが、僕が去年書いたポエムでは「好きすぎて一休さんになっちゃうよ」、です。内容は意味わかりませんが、世間一般の意識が「相手を変える」であって、僕の意識が「自分が変わる」というものであるという違いが如実に出ているなぁと思いました。
相手を幸せにするなんてとてもじゃないけどおこがましい、僕が出来るのは僕が幸せにならさせていただくこと、あるいは僕の中で大切にすることぐらいです。でも、それがお互いに出来たらこれ以上なく素晴らしいことだと思います。

僕が何かをこれからやらかしたとしたら、「男はクソ」ではなくて、僕がクソだと認めてくれると嬉しいです
僕が何かこれからいいことをした場合は「男はいいやつ」ではなくて、僕がいいやつだと認めてくれると嬉しいです

男というくくりではなく、僕を僕だと見てくれた時点で、それが悪かろうが良かろうが、タダの男の一員として語られた場合よりも僕はすごく幸せです。日本人がメダルをとったって僕は褒められるに値しないけど、僕がたとえ海外で罪を犯しても、日本人が悪いということはありません。

近況&浪人の一番怖いところ

お久しぶりです。別にブログを書けないほど忙しかったというわけでは全くなく、むしろ暇しかありませんでしたが、なんか2ヶ月くらいあいてましたね。

この数ヶ月は色んなことがありました。防衛医科大学校を滑り止めで受けていたらまさか落ちていたり、九蓮宝燈をあがったり、運の上下も激しいなぁっていう感じでした。

のほほんとしてたらまたこの時期が来ました。そう、センター試験ですね。
過去問やってないしセンター爆死するだろうなぁと思ってたら無事に820/900は取れたので、やっぱり対策しなくて良かったなぁと思いました。センターはセンターやればやるほどセンターボケをすることで知られています。まぁその期間2次の勉強してたわけでもないので普通にボケています。
読者の中にセンターが良かった人、悪かった人はいるかもしれませんが、僕はセンター悪かったからといって志望校変えるのはかえって良くないんじゃないかなぁと思います。センターなんて誤差なんだから、自信をもってください。まぁ僕自身志望校の指図をされることはすごい嫌いだし、口出すのもすごい嫌いなので、とりあえずみなさんが幸せに暮らせることを祈っています。

 

さて、ぼーっとしてたらなんとなく関係ないことを思ったので、その事について書こうと思います。

浪人生活で一番怖いこと、嫌なことがなんなのか、それが僕には最近わかってきたので発表します。


怖いのは、僕がなにかした時に、「僕が何かをしている」ではなくて「浪人生が(浪人生のくせに)何かをしている」と、受け止められることです。
その点で僕の僕に関する行動の所有権は完全に僕の手元から取りさらわれてしまいます。これが1番いけないことです。

「浪人生は普通山に登ったりしないよ」だとか言う人がいます。「浪人生でバイトやるやつどうかしてるだろ」と言ってくる人もいます。
でも考えて欲しい

僕がどうかしてないことがあったか?

僕が山を登るのは当たり前だし、センター五日前に数学オリンピックの試験官バイトがあったら、それをやるのも当たり前なんです。

はぁ〜レグナチオン。

肩書きに呑まれるっていうことが嫌いです。例えば東大生を売りにしてるのも本当に嫌いです。「東大生YouTuber」とかいうクソみたいなアカウントも苦手です。美人すぎる〇〇とかもあんまり好きじゃない。○○なのに美人とかじゃなくて、普通に美人でいいじゃないですか。素晴らしいことです。


ただ、生まれ変わるなら、「僕」か「美人すぎる弁護士」の中から僕が選びたいなと思うのは、即答で「美人すぎる弁護士」です。そんなもんです。

きけ ろうにんのこえ

代々木 一郎
平成29年TDJ学園卒業。同年4月駿〇入学。御茶ノ水部隊に編入。30年3月東京にて戦死。20歳。

 

平成三十年一月三十一日 晴
 (中略)東〇大学の一学生が一浪人生を赤本で殴打し、頭蓋骨が割れて鮮血にまみれ地上に倒れた。彼の答案を足蹴にし、また「5完はマスト」等と罵声を投げつける。見るに忍びない。それを同大学の教授も冷然と見ている。五〇学長の指図らしい。冷血漢。罪なき民の身の上を思い、あの時何故後れ馳せでも良い、俺はあの浪人生を助けなかったか。自責の念が起る。予備校の友人であろう、血にまみれた男にとりついて泣いていた。しかし死ななかった。大学生が去ると立ち上がって友人に支えられながらトボトボ歩き去った。
 俺の子供は浪人生にはしない。浪人生にだけは・・・・・・合格だ、現役合格が一番だ。
(後略)

人間もろい論者と人間丈夫論者

人間すぐ死んじゃう論者っていますよね、こけただけで頭の打ちどころが悪いと死ぬだとか、落馬しただけで死ぬだとか。
一方で人間丈夫論者も割といます。明らかに衛生が終わってそうな食べ物を食べても腹を壊さない。あるいは4階ぐらいから飛び降りても受身をとれば平気だとか。

 

 

どっちが正しいんでしょうか。
そう考えると「人によるよね」以外の解釈のしようがありません。
たとえば「致死量」というものを用いる時に、半数致死量というのがよく使われます。
『半数致死量(はんすうちしりょう、median lethal dose)とは、物質の急性毒性の指標、致死量の一種としてしばしば使われる数値で、投与した動物の半数が死亡する用量をいう。』(Wikipediaより)。
たとえばカフェインの半数致死量をとったとして、死ぬ人は死ぬけど半分の人は生きているもんなんですね。

まぁ渋谷のギャルとかが前者でムキムキマッチョな人が後者なんでしょう。自分はどっちなんでしょう。

試してみるのに落馬してみたり、4階から飛び降りたり致死量スレスレまで薬物を摂取したりしようという気にはなりません。空を飛ぼうとして事故で死んでいった先人は数知れませんが、僕の場合は、好奇心はついぞ僕を殺すことはできませんでした。

もしくは芦田愛菜

「お前の好きなタイプってどんなん?」
「背が高くて髪がショートの女の子かな」
「じゃあ好きな女優は?」
芦田愛菜
「さっき言ってたのと全然タイプ違くない?」

こういう事はありませんか?実はこの男のタイプは「背が高くて髪がショートの女の子『もしくは芦田愛菜』」なんじゃないかなぁと思います。

自分の大まかな志向ってあるじゃないですか、それとは別軸でも、飛び抜けてる人は素晴らしいんですよね。

尊敬する人を『デカルトヴィトゲンシュタイン』とか挙げてる気難しい人から見ても、プロ野球選手というのはやっぱり尊敬出来る人なんじゃないでしょうか。

言葉では、自分を正確に表現することが出来ません。確かに言葉選びのセンスによって幾分上手い下手があるかもしれませんが、どんなにうまい人でも語り尽くすのは難しい。
「目が黒木メイサ風で〜、体格は実質朝青龍〜」みたいな表現をされるよりも、写真1枚の描写にはかなわないし、写真1枚の描写だって動画にはかなわない。動画だって、実際の三次元的な視覚にはかなわない。
言葉の強さというのは良くも悪くもデフォルメです。

「好きなタイプは?」と聞かれて、本人に概念として「背が高くて髪がショートの女の子、次点で快活な女の子、もしくはイケメンな女の子、朗らかな女の子、いやみったらしくない女の子、めんどくさくない女の子、もしくは芦田愛菜、もしくは本田翼、もしくは阿部寛、もしくは新垣結衣、もしくは...もしくは......」というものがあったとして、今でさえ言葉で尽くしきれないのに、それが日常会話で言いきれるわけなんてなくて、結局「背が高くて髪がショートの女の子」で十分なんです。

受け取った相手は、「でもこいつ芦田愛菜も好きなんだろうな...へへへ」とでも思っておけばいいんですよ!

慣用句に支配された行動

鼻っつらと聞いたら、「折る」以外の選択肢はないですし、あ、「明かす」もありますね。出る杭は、「打つ」以外の選択肢はない。

 

うーん、中指と聞いたら、「立てる」以外のコマンドを、僕は知らない。

現代日本の「イニシエーション」

ーーーーーーーーーー
initiation…ある集団や社会で、正式な成員として承認されること。また、その手続きや儀式。
ーーーーーーーーーー

イニシエーションといえば、どこかの部族の人が成人の儀式でバンジージャンプをするだとか、そういうことを思い浮かべますが、よく考えてみれば現代日本でも結構あるなぁという話を今回はしようと思います。


適量の女性関係だとか、多少の悪事とかは、人間ですから経験すべきイニシエーションじゃあないでしょうか。

「はしか」という病気は、子供の時にかかってもたいしたことはありませんが、子供の時にかかった経験がなくて、大人になってからかかると、非常に重い病気になってしまいます。

子供の頃に少しいろいろやらかしたところでね、「子供だったからしゃーない」「あのころは若かった」と笑い合えば済むんですけど、例えば若い頃一切女性関係がなくて、大人になってからこじらせてしまうと、それはそれで大火傷になってしまいます。

 

僕は赤信号を渡る人や未成年飲酒をしている人を本気で軽蔑していますが、逆にそういうことを一切したことがない人を信用できるかというと、あんまり出来ないような気もします。
ときたま重大な事件を起こしてしまう人は、完全なワルではなくて、普段あんまり悪いことをしない人です。普段から発散しないから溜め込むし、発散の仕方が分からないから気持ちが爆発する時はとんでもない荒れ方をしてしまうといった様子で。三島由紀夫氏は、著書の不道徳教育講座(角川文庫)の「沢山の悪徳を持て」という章で『99%道徳的、1%不道徳的、これがもっとも危険な爆発的状態なのであります。70%道徳的、30%不道徳的、ここらが最も無難な社会人の基準でありましょう。このパーセンテージは、なかなか数学的に行かないのであって、1%不道徳氏の方が、30%不道徳氏よりも、ずっと犯罪の近くにいることが多い。中には豪胆なる政治家諸氏のように、1%道徳的、99%不道徳的というような比率を示していても、犯罪者どころか、立派に「国民の選良」で通っている人もあるわけです。』と述べています。

 

みなさんは「悪いこと」を経験してきましたか?納得のいく甘酸っぱい青春を送ってきましたか?

案外難しいもんですよね。こういう目に見えない通過儀礼をふまなければ立派な大人になれないぐらいなら、部族のバンジージャンプのように、「わかりやすい」イニシエーションの方がまだ易しいのかなぁと思います。

 

あ、僕の場合アレですね。目に見えた通過儀礼である大学受験というものをそろそろ通過しなければ!!!!